JR長万部-余市間は廃線、バス転換へ 並行在来線で全国2例目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新函館北斗駅に停車する北海道新幹線=北海道北斗市で2020年12月1日、貝塚太一撮影
新函館北斗駅に停車する北海道新幹線=北海道北斗市で2020年12月1日、貝塚太一撮影

 北海道新幹線の札幌延伸(2030年度末予定)に伴いJR北海道から経営分離される函館線長万部(おしゃまんべ)―小樽間(140・2キロ)の並行在来線の存廃を巡り、沿線9市町と道の協議が3日、倶知安(くっちゃん)町で開かれた。このうち長万部―余市間(120・3キロ)は沿線7町が廃線を受け入れる意向を示し、バス転換することで一致した。小樽市は住民説明会後に判断するとして態度を保留し、余市町が存続を求める余市―小樽間の存廃が引…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

あわせて読みたい

ニュース特集