アジア大会選手村跡地 県と名古屋市、事業者との協定締結 中部電など6社 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県と名古屋市は3日、2026年開催予定のアジア競技大会の選手村跡地(名古屋市港区)でのまちづくりについて、中部電力を代表とする計6社の事業グループと、同日付で基本協定を締結したと発表した。

 選手村は、4月に移転する名古屋競馬場跡地に整備される。大会後は、事業グループが商業や教育施設、住宅をつくり、…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

あわせて読みたい

ニュース特集