連載

北京2022

毎日新聞デジタルの「北京2022」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

北京2022

フリースタイルスキー女子・谷愛凌 対立を超え、友情結ぶ 米中にルーツ、中国代表選択

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フリースタイルスキー女子ハーフパイプのW杯で優勝した谷愛凌=米カリフォルニア州で2022年1月8日、新華社・共同
フリースタイルスキー女子ハーフパイプのW杯で優勝した谷愛凌=米カリフォルニア州で2022年1月8日、新華社・共同

フリースタイルスキー女子 谷愛凌(こく・あいりょう)

 米国で生まれたフリースタイルスキー女子の谷愛凌(こくあいりょう)選手は、母の故郷で開かれる北京冬季オリンピックに中国代表として出場する。二つの大国が対立を深める中で4日に開幕を迎える「平和の祭典」。ルーツを持つ両国のはざまで葛藤し、金メダル候補に挙げられるまでに成長した18歳のスキーヤーには、北京でかなえたい希望がある。

 北京出身の母、燕さんと米国人の父の間に生まれ、米カリフォルニア州サンフランシスコで育った。スキー好きの母の影響で3歳の頃に初めてスキー板を履いた。練習拠点を置く米国の代表として、15歳で出場した2019年1月のワールドカップ(W杯)スロープスタイルで初優勝。早くから才能を開花させた。

この記事は有料記事です。

残り923文字(全文1254文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集