軽石漂流 謎に迫るヒントで浮かぶ小惑星「リュウグウ」との関係性

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全国各地から採集された軽石の一部=堀場製作所提供
全国各地から採集された軽石の一部=堀場製作所提供

 全国各地の海岸に漂着し、漁業や観光に深刻な影響を与えた「軽石」。海底火山の噴火からどこまで、どのようにしてたどり着いているのか、未解明な部分も多い。その暗闇に光を当てるヒントをたどると、小惑星「リュウグウ」との関係性が見えてくる。なぜか。

 軽石は2021年8月、小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で噴出された。火山ガスが抜けてできた無数の気泡があるのが特徴で、沖縄・奄美地方の海域を中心として各地に漂着し、漁業や観光などに深刻な影響を与えている。気象庁などは放出された軽石や火山灰について、少なくとも1億立方メートルと推定している。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文936文字)

あわせて読みたい

ニュース特集