特集

北京オリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

宇野昌磨 ランビエルコーチへの“熱い思い”で見せた魂の演技

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
団体戦の男子SPで演技する宇野昌磨=北京・首都体育館で2022年2月4日、貝塚太一撮影
団体戦の男子SPで演技する宇野昌磨=北京・首都体育館で2022年2月4日、貝塚太一撮影

 北京冬季オリンピック第1日は4日、フィギュアスケートの団体が始まり、過去2大会連続5位の日本は男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(24)=トヨタ自動車=が自己ベストの105・46点をマークした。従来のSPの自己記録は104・15点。

 日本のトップを託されたのは宇野。大会前に思わぬアクシデントに見舞われたが、自身2度目の五輪への決意を込めた。

 「やはり『試合、イコール、ステファン』という感じに僕の中ではなっているので、どうなるのかは分からない」

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文845文字)

【北京オリンピック2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集