特集

北京オリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

宇野昌磨、圧巻の正確ジャンプ 自己新2位「やるべきこと全う」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
演技する宇野昌磨=北京・首都体育館で2022年2月4日、貝塚太一撮影
演技する宇野昌磨=北京・首都体育館で2022年2月4日、貝塚太一撮影

 北京冬季オリンピック第1日は4日、フィギュアスケートの団体が始まり、2大会連続5位の日本は男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(24)=トヨタ自動車=が自己ベストを更新する105・46点をマークし、2位に入った。

「キレがない」感じさせず

 日本の先鋒(せんぽう)としての役割を十分に果たした。チームを勢いづける3季ぶりのSPでの自己ベストに、宇野は「駄目だったら真剣に謝ろうと思っていた。無事にできて良かった」とホッとした表情を見せた。

 選手村に入村したのは2日前。さらに慣れない午前からの演技となり「体にキレはなかった」という。だが、今季大崩れしたことのないSP「オーボエ協奏曲」の構成については、「ちゃんと滑りきれるとは思っていた」と自信があった。

 6年前に世界で初めて自らが成功させた4回転フリップをはじめ全てのジャンプを確実に決め、ジャンプだけで計9点以上の加点を引き出した。「スケーティングに重さを感じていた」といい、ステップや終盤のスピンでレベルを落としたが、それを差し引いても余りある滑り。演技直後、…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文906文字)

【北京オリンピック2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集