石原慎太郎氏「息子を首相にしてくれ」 託された山崎拓氏が悼む

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
石原慎太郎氏について語る山崎拓氏=福岡市中央区で2022年2月4日、津村豊和撮影
石原慎太郎氏について語る山崎拓氏=福岡市中央区で2022年2月4日、津村豊和撮影

 自民党元副総裁の山崎拓氏(85)が毎日新聞の取材に応じ、1日に亡くなった作家で元東京都知事の石原慎太郎氏(享年89)について語った。国会議員時代から50年来の親交があった石原氏について「存在感が大きな人だった。さまざまな思い出が脳裏を去来する。亡くなられて、さびしい」と悼んだ。

 2人は1972年衆院選の初当選同期。石原氏は、旧福岡1区に無所属で出馬した山崎氏の応援に駆け付けたといい「知名度抜群で、選挙終盤に応援してもらったおかげで奇跡的な当選を果たせた。政治…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文582文字)

あわせて読みたい

ニュース特集