特集

北京オリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

聖火最終走者にウイグル族選手 抑圧批判を意識 北京五輪開会式

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
出場国のプラカードを集めた聖火台に運ばれる聖火=北京・国家体育場で2022年2月4日午後10時15分、手塚耕一郎撮影
出場国のプラカードを集めた聖火台に運ばれる聖火=北京・国家体育場で2022年2月4日午後10時15分、手塚耕一郎撮影

 北京市の国家体育場(通称「鳥の巣」)で4日夜にあった北京冬季オリンピックの開会式で、聖火の最終走者を務めたのは、今大会のスキー競技に出場予定の2001年生まれの男女の選手2人だった。男子はノルディックスキー複合の趙嘉文(21)、女子はスキー距離(クロスカントリー)で、ウイグル族のジニゲル・イラムジ…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

【北京オリンピック2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集