崩落建物がれき、市町村が撤去可 所有者不明土地対策

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府は4日、持ち主が分からない土地の対策を強化する特別措置法改正案を閣議決定した。崩れた建物のがれき撤去や、放置された樹木の伐採を所有者に代わって市町村が実施できるよう権限を強化。管理不全による災害発生や環境悪化を防ぐ。

 がれきが放置されていると、豪雨や強風で高台から低地の住宅に崩れ落ちるなどして被害が出る恐れがある。改正案は、周辺への悪影響が予想される土地を対象に、…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

あわせて読みたい

ニュース特集