特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

仏露首脳、対話継続で一致も残る隔たり プーチン氏は核戦争に言及

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
会談後に記者会見するフランスのマクロン大統領(左)とロシアのプーチン大統領=モスクワで2022年2月7日、AP
会談後に記者会見するフランスのマクロン大統領(左)とロシアのプーチン大統領=モスクワで2022年2月7日、AP

 緊迫するウクライナ情勢を巡り、ロシアのプーチン大統領とフランスのマクロン大統領が7日、モスクワで会談した。緊張緩和に向けた対話の継続では一致したが、ロシアが求める北大西洋条約機構(NATO)不拡大などの主要問題では隔たりが大きく、プーチン氏はロシアとNATOの核戦争になれば「勝者はいない」と言及し、露側の要求を認めるよう迫った。

 仏大統領府によると、5時間以上に及んだ会談では、ウクライナ国境周辺に集結するロシア軍部隊の配置▽ウクライナ東部で続く親露派武装勢力と政府軍の紛争の和平交渉▽欧州の安全保障――に関して広範な対話を始めることが合意された。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文875文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集