特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

TPP加入へ台湾が一手 福島など5県の食品輸入解禁 日中との利害

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
台湾の蔡英文総統=台湾・台北市の総統府で2022年1月1日、岡村崇撮影
台湾の蔡英文総統=台湾・台北市の総統府で2022年1月1日、岡村崇撮影

 台湾の蔡英文政権は8日、2011年の東京電力福島第1原発事故後から続けてきた福島県など5県産食品の輸入停止措置について、一部を除き撤廃する方針を表明した。国際的な安全基準を満たしていると判断した。今後、必要な手続きを進め、早ければ今月下旬にも輸入再開を目指す。長年の懸案を解決することで、日本が主導する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への加入に弾みをつける狙いもある。

 農林水産省の統計によると、21年の農林水産物・食品の輸出額のうち台湾は10・7%を占め、中国、香港、米国に次いで4位。日本政府としては、台湾の解禁を突破口に、今も福島県などの食品の輸入規制を続ける中国、香港などへの働き掛けを強める考え。

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1530文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集