「伊勢忍者キングダム」 庭園化でリニューアル 季節の植物満載に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
奉行から「これからは『お庭番』として精進せよ」と命じられる伊勢忍者キングダム所属の忍者とくノ一=庭園化リニューアルが進む伊勢忍者キングダムで2022年2月1日、尾崎稔裕撮影
奉行から「これからは『お庭番』として精進せよ」と命じられる伊勢忍者キングダム所属の忍者とくノ一=庭園化リニューアルが進む伊勢忍者キングダムで2022年2月1日、尾崎稔裕撮影

 忍者や侍、日本髪の町娘たちが行き交う三重県伊勢市二見町のテーマパーク「伊勢忍者キングダム」が今春、四季折々の花や樹木に囲まれた庭園風の新たな装いでリニューアルオープンする。歴史あるイギリスのガーデニングショーで最高賞を受賞した庭園デザイナーを招き約30種のサクラや約100種の紅葉樹の植栽、滝のある庭園など、園内各所での整備が大詰めを迎えている。

 敷地面積33万4000平方メートルの同施設全体をさまざまな樹木や花などで庭園化するプロジェクト。アドベンチャーコースなどの忍者修行体験や、アクション演劇上演といった従来の施設も継続して営業する。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文863文字)

あわせて読みたい

ニュース特集