特集

北京オリンピック2022

北京冬季オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

宇野昌磨、成功より価値ある失敗で自己ベスト 名コーチと攻めの舞

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北京冬季オリンピック第5日は8日、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)があり、2018年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が105・90点の自己ベストをマークした。連続ジャンプで手をつく場面はあったものの、すべてのジャンプを着氷し、五輪団体のSPでマークした自己記録(105・46点)を更新した。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文877文字)

【北京オリンピック2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集