牛豚鶏の部位、一目で きょうは「肉の日」 入間の会社、カーペット発売 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
はがした部位を裏に示した部位表で照合する石井勝士社長=入間市二本木で2022年2月7日、清藤天撮影
はがした部位を裏に示した部位表で照合する石井勝士社長=入間市二本木で2022年2月7日、清藤天撮影

 入間市の金属加工業「國翔」は、「肉の日」の2月9日、精肉店で見かける肉の部位を記した牛などをデザインした「一頭買いカーペット」を発売する。

 50センチ四方で、牛、豚、鶏の3種類。牛は17カ所、豚は18カ所、鶏は15カ所の部位ごとにはがせる。裏面にロースやヒレなど部位の名称を記しており、照合できるようにした。

 カーペットとして利用するだけでなく、使い方は多用だ。精肉店や焼き肉店が店頭で売り切れ部分をはがして表示したり、知育パズルとして遊んだりできる。石井勝士社長は「いろいろ楽しんでほしい」とする。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文399文字)

あわせて読みたい

ニュース特集