特集

北京パラリンピック2022

北京冬季パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

政府、北京パラ選手団にスマホ配布へ 専用アプリ情報漏えい懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
五輪のシンボルマーク=北京で2022年2月1日、貝塚太一撮影
五輪のシンボルマーク=北京で2022年2月1日、貝塚太一撮影

 北京オリンピック・パラリンピックで大会参加者の健康状態を管理する専用アプリを巡り、情報抜き取りなどの懸念が指摘されているとして、スポーツ庁は9日、北京冬季パラリンピック(3月4~13日)に参加する日本選手団全員に、レンタルのスマートフォンを配布する方針を明らかにした。既にアプリをインストールしている五輪の日本選手団には、帰国の飛行機内でアプリを削除するよう要請。専門家による検査も実施する。

 スポーツ庁が同日の自民党外交部会・外交調査会合同会議で説明した。パラリンピック選手団には私有のスマホやパソコンを現地へ持ち込まないよう再度周知し、新たにレンタルしたスマホを日本パラリンピック委員会(JPC)を通じて配布する。経費はスポーツ庁が負担する。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文719文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集