特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

保健所1週間つながらず家族は次々発熱 第6波の自宅療養の現実

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供
新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供

 保健所に電話しても何日もつながらず、同居する娘や孫が次々に発熱していく――。新型コロナウイルスに感染した女性(68)は自宅療養中、こんな目に遭った。「第6波」の自宅療養者は9日時点で54万人を超え、いつ同じ立場になってもおかしくない。18日には、大阪など17道府県でまん延防止等重点措置の延長も決まった。女性のケースを通じ、その時どうすればいいのか考えたい。

「連絡待って」と言われ病院から自宅へ

 感染力の強い「オミクロン株」が猛威を振るっていた1月21日。女性は寒気に襲われ、体に異変を感じた。体温を測ると39度5分。その夜はうなされ続けた。翌日、病院での抗原検査で陽性と判明する。重症化を防ぐ「抗体カクテル療法」を受け、「保健所の連絡を待ってほしい」と言われて自宅に戻った。

 しかし、連絡は来ない。女性は娘2人と幼い孫2人に囲まれ、大阪市内の一戸建てに5人で暮らす。家族で手分けして何度も保健所に電話したが、つながらなかった。他の感染者の対応に追われているのだろうか。自宅療養者向けの大阪府の専用ダイヤルにもかけたが、「保健所の聞き取りが済んでいないと対応できない」と断られた。

 女性には腎不全の基礎疾患があり、定期的な人工透析が不可欠だ。掛かりつけのクリニックに週3回通っている。このままでは透析を受けられないと不安な日々を送っていたところ、今度は同居の次女(33)が発熱した。病院に連絡したものの、「濃厚接触者は診られない…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1706文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集