一般会計 名古屋市1兆3794億円 22年度予算案 6年連続最大更新 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ふるさと納税のホームページに掲載された名古屋市の返礼品=ふるさとチョイスホームページより
ふるさと納税のホームページに掲載された名古屋市の返礼品=ふるさとチョイスホームページより

 名古屋市は10日、2022年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比4・5%増の1兆3794億900万円で、6年連続で過去最大を更新。新型コロナウイルス対策を拡充するほか、「学校の福祉的機能充実」をはかるため、教育委員会に「新しい学校づくり推進部」を新設した。【高井瞳】

学校の福祉機能充実に力

 河村たかし市長は会見で、当初予算案に盛り込んだ施策について「力を入れたのは圧倒的に一人の子も死なせないナゴヤ」と強調。いじめなどの被害者になり、子どもが命を失うことのないようにと、悩みを抱える子どもに気づき、支える仕組み作りに重点を置いたとした。

 歳入では、前年度、新型コロナの影響を受けて大幅に減少していた市税収入が、過去最大規模の6009億8500万円(前年度比7・5%増)と見込む。経済が新型コロナによる落ち込みから回復基調にあると見ている。

この記事は有料記事です。

残り1350文字(全文1723文字)

あわせて読みたい

ニュース特集