特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

『僕とアリスの夏物語 人工知能の、その先へ』=谷口忠大・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
『僕とアリスの夏物語 人工知能の、その先へ』
『僕とアリスの夏物語 人工知能の、その先へ』

 (岩波科学ライブラリー・1760円)

 両親がAI研究者で、引きこもり中の小学六年生悠翔(はると)は、金髪色白の女の子アリスを預かることになる。四年生くらいに見えるが、言葉は話せず歩けもしない。だが、悠翔とその幼なじみの絵里奈に可愛がられ、自ら探索の意欲もあって多くを学んでいく。アリスは人工知能をつけたロボットであり、悠翔がそれを知らされていないことに問題ありと感じた同級生颯太(そうた)の父親(元A…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集