特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米政府高官、露軍ウクライナ侵攻「いつ始まってもおかしくない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は11日、ホワイトハウスで記者会見し、ロシアによるウクライナ侵攻について「いつ始まってもおかしくない」と危機感をあらわにした。ウクライナに滞在する米国民に対しては、米東部時間同日午後2時(日本時間12日午前4時)から48時間以内に国外退避するよう警告した。

 サリバン氏は「ウクライナ国境周辺にロシア軍の新たな部隊が到着するなど緊張が高まり続けている。ロシアは今すぐに大規模な軍事行動に踏み切れる」と強調。侵攻は、北京冬季オリンピック開催中でもありえると説明した。

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文789文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集