特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

プーチン氏とバイデン氏が電話協議 ウクライナ緊張緩和を模索

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領(左)とプーチン露大統領=高本耕太、大前仁撮影
バイデン米大統領(左)とプーチン露大統領=高本耕太、大前仁撮影

 ウクライナ情勢を巡りロシアのプーチン大統領は12日、バイデン米大統領と電話で協議した。AP通信が報じた。プーチン氏は12日にマクロン仏大統領とも電話協議した。ロシア軍が隣国ベラルーシなどで軍事演習を始め、ウクライナ周辺での軍事的緊張がさらに高まる中、緊張緩和に向けた外交努力が加速している。

 タス通信などによると、プーチン、バイデン両氏の電話協議はモスクワ時間の12日夜に米国側の要請で開かれた。米露首脳の電話協議は2021年12月30日以来。これに先立ち、ブリンケン米国務長官とラブロフ外相も12日に電話で協議した。露外務省によると、ウクライナへの軍事侵攻の懸念に対し、ラブロフ氏は「米国や同盟国によるプロパガンダ・キャンペーン」だと反論したという。

 ロシアは昨秋以降、ウクライナ国境付近に10万人規模の部隊を集結させ、北大西洋条約機構(NATO)のウクライナなど東方への不拡大などを要求。米欧は今年1月下旬にNATO不拡大などを拒否する回答を送る一方、安全保障問題でロシアと協議を継続する姿勢を示し、露側が再回答の書面を準備する作業を進めていた。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文969文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集