特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

連合、夏の参院選は立憲・国民と「連携」 維新・共産とは協力否定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
連合の芳野友子会長
連合の芳野友子会長

 連合が17日の中央執行委員会に示す夏の参院選の基本方針案が判明した。1月の素案と同じく支援政党を明示しない一方、立憲民主党、国民民主党と「連合の政策実現に向けて、引き続き連携を図ることが基本」との表現を追加し、連携維持の姿勢を示した。さらに共産党と日本維新の会を念頭に、「目的と基本政策が大きく異なる政党と連携する候補者を推薦しない」方針を明記した。

 立憲を「連合総体として支援」するとした昨秋の衆院選の基本方針からは大きく路線変更するが、連合傘下の各労組から「立憲、国民への対応が困難になる」などと懸念が出たことに配慮。「連携」の対象として両党を明示した。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文524文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集