連載

東京舞台さんぽ

毎日新聞デジタルの「東京舞台さんぽ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

東京舞台さんぽ

国立 おしゃれな学園都市 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
春は桜、夏は新緑、秋はイチョウ、冬はイルミネーションが楽しめる「大学通り」
春は桜、夏は新緑、秋はイチョウ、冬はイルミネーションが楽しめる「大学通り」

 国立市のJR中央線国立駅南口を出ると、ロータリーの向こうに、桜やイチョウの木が立ち並ぶ、幅約44メートルの「大学通り」がまっすぐに延びている。文化の薫りが漂う、おしゃれな学園都市が広がる。

 作家東川篤哉さんの小説「謎解きはディナーのあとで」は、舞台が国立市だ。富豪令嬢でもある国立署の新米刑事に仕える執事が、毒舌を吐きながら事件を解決していく。

 現実離れした設定だが、整然と区画され、落ち着いた街並みを歩くと、物語の中の豪邸があってもおかしくないと思った。同市は、文教地区として、住民らが中心となって積極的に景観を守ってきた歴史があるのだ。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文869文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集