特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ親露派「政府軍から攻撃」と主張 緊張高まる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア軍侵攻の脅威が伝えられる中、国歌を斉唱して団結を呼びかける人々=ウクライナの首都キエフ中心部の独立広場で2022年2月16日午前、真野森作撮影
ロシア軍侵攻の脅威が伝えられる中、国歌を斉唱して団結を呼びかける人々=ウクライナの首都キエフ中心部の独立広場で2022年2月16日午前、真野森作撮影

 ウクライナ東部ドンバス地域の一部を実効支配する親ロシア派「ドネツク人民共和国」は17日、ウクライナ政府軍が同日攻撃を強化し、隣接する親露派「ルガンスク人民共和国」支配地域と合わせて計160発の銃弾が撃ち込まれたと発表した。タス通信が伝えた。

 これに対し政府軍側は、親露派側から停戦合意に違反する攻撃…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集