「ととのい」の聖地目指し 「多摩川源流の村」でテントサウナ導入

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小菅村が購入した組み立て式のテントサウナ=山梨県小菅村で2022年2月5日午後4時11分、山本悟撮影
小菅村が購入した組み立て式のテントサウナ=山梨県小菅村で2022年2月5日午後4時11分、山本悟撮影

 コロナ禍などで若者を中心に注目度を増しているアウトドアサウナ。多摩川上流域の山梨県小菅村が新年度から、テントサウナを導入した新たな村おこしに取り組む。人口減少にあえぐ村は、自然サウナのプロジェクトを展開する県とも連携、若者らに「源流の里」を売り込む起爆剤にしたい考えで、交流人口の増加を目指す。【山本悟】

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文960文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集