27年かけ新市道開通 中心部アクセス向上へ 大和高田 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
道路が完成し、テープカットする堀内大造市長(左から3人目)ら=奈良県大和高田市提供
道路が完成し、テープカットする堀内大造市長(左から3人目)ら=奈良県大和高田市提供

 大和高田市が1995年度から整備に取り組んできた市道本郷大中線・南本町工区が13日、全面開通した。市中心部を縦断する県道5号(大和高田斑鳩線)と高田川沿いの同132号を接続し、市中心部のアクセスが大幅に向上する。

 86年の都市計画決定後は順調に進んでいたが、県道5号に接する南本町工区(約220メー…

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文241文字)

あわせて読みたい

ニュース特集