連載

追跡

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

追跡

日系人強制収容、名簿完成へ 米国で12.5万人超 日本出身の研究者、80年前の記録照合

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マンザナー強制収容所跡地に復元された監視塔。収容所は自然環境の厳しい荒野に設けられた=米西部カリフォルニア州マンザナーで2019年4月27日、福永方人撮影
マンザナー強制収容所跡地に復元された監視塔。収容所は自然環境の厳しい荒野に設けられた=米西部カリフォルニア州マンザナーで2019年4月27日、福永方人撮影

 太平洋戦争中、米国で「敵性外国人」として強制収容された日系人全員の名簿が今年6月にも完成する。これまで曖昧だった被害者数が初めて確定する。主導するのは、日本生まれで曹洞宗の僧侶でもある米国人研究者だ。米本土で強制収容が始まって今年で80年。米国史に残る人権侵害を正確に記録する意義とは。

 名簿の作成を進めているのは、南カリフォルニア大宗教学部長のダンカン・ウィリアムズ教授(52)が率いる12人のチームだ。強制収容開始から80年の節目に名簿を発表しようと、3年がかりで確認作業などを続けてきたという。

 収容所に送られた日系人のリストは米政府も残している。だが、氏名のスペルが間違っていたり、文字が不鮮明で判別できなかったりするものも多い。ウィリアムズ教授によると、その割合は約2割にも上るという。

この記事は有料記事です。

残り1584文字(全文1933文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集