阿波踊り主催の新たな実行委設立へ 徳島市、多様な市民や団体で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2年ぶりに開催された阿波踊り。ホールであった前夜祭では、ステージ上の踊り手が間隔を空けて座る観客を魅了した=徳島市で2021年8月12日午後5時10分、山田尚弘撮影
2年ぶりに開催された阿波踊り。ホールであった前夜祭では、ステージ上の踊り手が間隔を空けて座る観客を魅了した=徳島市で2021年8月12日午後5時10分、山田尚弘撮影

 徳島市は17日、2022年夏の阿波踊り開催に向け、多様な市民や団体などでつくり、祭りの主催を担う新たな実行委員会を設立すると発表した。3月下旬に設立総会を開き、発足後は実行委が日程や開催規模を決定する。21年夏に実施された阿波踊りは市が主催した。

 市によると、新たな実行委は、踊り団体や経済団体、文化・観光関係や医療関係、行政などから35人程度の委員で構成。…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集