連載

東日本大震災11年

毎日新聞デジタルの「東日本大震災11年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

東日本大震災11年

伝承と学び、新時代へ コロナ禍、創意工夫やネットで活路 /宮城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マスク姿で宮城県石巻市の大川小を見学する多賀城高・災害科学課の生徒たち。防災や減災について多角的に学んでいる=2021年11月
マスク姿で宮城県石巻市の大川小を見学する多賀城高・災害科学課の生徒たち。防災や減災について多角的に学んでいる=2021年11月

 東日本大震災の発生からまもなく11年。新型コロナウイルス禍は災害の伝承活動にも影を落としている。記憶の風化が懸念される中、創意工夫やインターネットで活路を開き、教訓を伝え学ぼうとする人々を取材した。

 「本当は対面でお話ししたかったのですが……」。東京電力福島第1原発事故を学ぶオンライン講演で、福島県富岡町の青木淑子さん(74)は苦笑いした。今年はコロナの感染拡大で、被災地に人を招くイベントはほぼ中止に。若者の助けを借り、リモートで事故の記憶を語り継いでいる。「パソコンは苦手だけど、私たちの知恵が試されていると思い頑張っています」と逆境にも前向きだ。

 南海トラフ地震で津波高が最大34・4メートルと想定される高知県黒潮町。同町の県立大方高1年、金子愛那さん(16)らは1月、ビデオ会議システムを用い、宮城県の多賀城高など全国の中高生と防災をテーマに交流した。金子さんは避難訓練アプリ「逃げトレ」を紹介。訓練中に津波の動きと自分の現在地を瞬時に確認できると話すと、他校の生徒も興味津々だった。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文705文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集