特集

宝塚歌劇

100年を超えてなお、世代を超えて多くのファンを魅了する宝塚歌劇。関連するニュースをお届けします。

特集一覧

銀橋のきらめき

タカラヅカ余話 望海風斗が退団後初舞台 まばゆい女優道、好スタート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ミュージカル「INTO THE WOODS」で魔女を演じた望海風斗(後列)Ⓒ2022「INTO THE WOODS」 撮影:岩田えり
ミュージカル「INTO THE WOODS」で魔女を演じた望海風斗(後列)Ⓒ2022「INTO THE WOODS」 撮影:岩田えり

 昨年4月に退団した元雪組のトップスター、望海風斗の退団後初ミュージカルとなった「INTO THE WOODS」(熊林弘高演出)が、東京に続いて大阪公演も無事完走しました。オミクロン株の感染拡大で宝塚歌劇をはじめ公演の延期や休演が相次ぐ中、望海は宝塚で培った力をいかんなく発揮、見事な舞台を務めました。

 「赤ずきん」「シンデレラ」「ジャックと豆の木」「塔の上のラプンツェル」をモチーフに童話から人間の深層心理を読み解いた異色のミュージカルで、スティーブン・ソンドハイムの作詞・作曲です。映画化もされ、2004年以来日本でも何度か上演を重ねている人気作です。

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1001文字)

【宝塚歌劇】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集