「コロナに負けない」 最上早生でそば焼酎仕込み 山形・寒河江

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
蒸した玄ソバを冷気にさらす、やまがた酒彩倶楽部の会員=山形県寒河江市で2022年2月3日午前10時4分、小寺泰介撮影
蒸した玄ソバを冷気にさらす、やまがた酒彩倶楽部の会員=山形県寒河江市で2022年2月3日午前10時4分、小寺泰介撮影

 山形県戸沢村産の最上早生(わせ)を使ったそば焼酎「山形そば街道」の仕込みが、寒河江市の古沢酒造(寒河江市丸内3)で行われている。新型コロナウイルス禍の早期収束を願って作業を進め、今夏の発売を予定する。

 内陸地方の酒販店経営者でつくる「やまがた酒彩倶楽部」(田中浩一会長)と戸沢村が、県内で唯一そば焼酎を手がける同酒造に醸造を…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

あわせて読みたい

ニュース特集