連載

ながさき知事選2022

任期満了に伴う長崎県知事選は、2月3日告示、20日投開票。選挙戦の様子や各候補の動きを伝えます。

連載一覧

ながさき知事選2022

大石氏初当選「世代交代」果たす 現職・中村氏、厳しいコロナ対策で逆風 /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
当選確実の知らせを受けてガッツポーズする大石氏(左)
当選確実の知らせを受けてガッツポーズする大石氏(左)

 任期満了に伴い20日に投開票された知事選で、新人の医師、大石賢吾氏(39)=維新推薦=が、4選を目指した現職の中村法道氏(71)と新人の食品会社社長の宮沢由彦氏(54)を破り、初当選を果たした。「世代交代」をキャッチフレーズに、541票という僅差で誕生した全国最年少知事。どのような風が吹いたのだろうか。【田中韻、長岡健太郎】

この記事は有料記事です。

残り2165文字(全文2329文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集