にこにこまいたけラー油、尾瀬高の双子2組が開発 2022年2月22日にお披露目 片品の特産品を使用 /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
片品村産マイタケを使った食べるラー油を開発した県立尾瀬高校の2組の双子の生徒=群馬県片品村で2022年2月22日、庄司哲也撮影
片品村産マイタケを使った食べるラー油を開発した県立尾瀬高校の2組の双子の生徒=群馬県片品村で2022年2月22日、庄司哲也撮影

 県立尾瀬高校の2組の双子が、片品村特産のマイタケを使った食べるラー油「食べてにっこり!にこにこまいたけラー油」を開発し、「2」が六つ並んだ2022年2月22日にお披露目した。23日から同村の「道の駅尾瀬かたしな」のかたしな食堂で提供する。

 開発したのは、同校普通科3年の星野來樹(らいき)さんと來夢(らいむ)さん、小池瑠奈さんと瑠依さん。「総合的探究」の授業の一環で取り…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

あわせて読みたい

ニュース特集