特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

露、ウクライナに次々圧力 議会上院、派兵を承認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア国旗を振って「独立承認」を祝う親露派地域の住民たち=ウクライナ東部ドネツクで2022年2月21日、AP
ロシア国旗を振って「独立承認」を祝う親露派地域の住民たち=ウクライナ東部ドネツクで2022年2月21日、AP

 ロシアのプーチン大統領がウクライナ東部の親露派支配地域の独立を承認し、ロシア軍の派兵方針を表明したことを受け、露議会上院は22日、国外への軍派遣を全会一致で承認した。また、プーチン氏は同日、ウクライナ東部紛争の和平条件を定めた「ミンスク合意」について「もはや存在しない」と一方的な「破棄」を宣言、ウクライナ政府には北大西洋条約機構(NATO)加盟を諦めるよう求めるなど、ウクライナへの圧力をさらに強めている。

 プーチン氏が独立を承認したのは、親露派が実効支配し「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」と名乗る地域で、ウクライナ東部のドネツク、ルガンスク両州の一部にあたる。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文826文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集