ふるさと納税で映画「ミュジコフィリア」支援 京都市が呼び掛け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
映画「ミュジコフィリア」の1シーン=Ⓒ2021 musicophilia film partners Ⓒさそうあきら/双葉社
映画「ミュジコフィリア」の1シーン=Ⓒ2021 musicophilia film partners Ⓒさそうあきら/双葉社

 大阪府出身の映画プロデューサー、大野裕之さんが脚本・プロデューサーを務めた映画「ミュジコフィリア」(谷口正晃監督)を応援しようと、映画の舞台となった京都市が、ふるさと納税型クラウドファンディング(CF)による寄付を呼び掛けている。集まった寄付金はアンコール上映の実現やコンサートなどイベントの開催、ブルーレイディスクの製作などに充てる予定。28日まで。

 映画は2021年11月に公開。京都の芸大生が音楽を通じて成長する青春ドラマで、俳優の井之脇海さんが主演。原作のモデルとなった京都市立芸術大をはじめ、市内各地でロケ撮影が行われた。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文629文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集