特別支援教育「全教員が2年以上の経験を」 文科省検討会議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
文部科学省=東京都千代田区で
文部科学省=東京都千代田区で

 特別支援教育を担う教員をどう育成するかについて議論している文部科学省の検討会議は24日、すべての教員が採用後10年程度の間に、特別支援学級の担任などの経験を2年以上積むことが望ましいとする報告書案を大筋で了承した。専門性を持つ教員を育てるとともに、特別支援教育の経験を通常学級での実践に生かしてもらう狙いもある。

 文科省は報告書案に基づき、全国の教育委員会に人事制度の改善などを促す。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文588文字)

あわせて読みたい

ニュース特集