特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

バイデン氏「プーチンはソ連を再建したい」 侵攻後初演説で指摘

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアのウクライナ侵攻について演説するバイデン大統領=2022年2月24日、AP
ロシアのウクライナ侵攻について演説するバイデン大統領=2022年2月24日、AP

 バイデン米大統領は24日、ホワイトハウスで演説し、ロシアのウクライナ侵攻について「プーチン(露大統領)は侵略者だ。プーチンがこの戦争を選んだ」と非難した。

 ロシアの侵攻開始後、バイデン氏が演説したのは初めて。今回の侵攻は「正当性も必要性もない残虐な攻撃だ。何カ月間も入念に計画されてきた」と指摘。プーチン氏が侵攻に踏み切った理由について「ロシア側の安全保障上の懸念などではない。むき出しの好戦…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集