特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・話題の本

『プロレス社会学のススメ』=和田靜香

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 やられたぁ! そう唸(うな)ったのが、この『プロレス社会学のススメ』(斎藤文彦、プチ鹿島著・ホーム社・2090円)。

 帯には「プロレスを語ることは今の時代を語ることである」とある。プロレスを愛する斎藤さん、鹿島さん、そして司会役の堀江ガンツさんの3人で「社会とプロレスと自分」を、プロレスを通じて語り合っていく。つまり、今の社会はどうなってるのか? 問題は何か? 自分はどうすればいいのか? それをプロレス界の出来事を語ることで、テーマごとに考えるのだ。

 なにせプロレスは日本で、世界で、長く愛されてきた興行でありスポーツ。社会の中でプロレスが育まれ、同時にプロレスの中に社会がある。プロレスは社会を映す鏡であり、プロレスを語ることが、今の社会を語るのにつながる。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文813文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集