特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

林外相と米国務長官、ロシアへの厳しい非難で一致 電話協議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
林芳正外相
林芳正外相

 林芳正外相は26日午前、ブリンケン米国務長官と約25分間、電話協議し、ウクライナ情勢について意見交換した。両外相はロシア軍によるウクライナへの侵攻は、ウクライナの主権と領土の一体性を侵害し、武力の行使を禁じる国際法に深刻に違反するとし、ロシアを厳しく非難することで一致した。ロシアによる「侵略」に対し、引き続き、日米や主要7カ国(G7)など国際社会と緊密に連携することでも一致した。

 林氏は協議で、ロシアの金融機関の資産凍結などを盛り込んだ追加制裁を25日に発表したとブリンケン氏に伝達。両外相は、力による一方的な現状変更を決して認めず、誤った教訓を残さないためにもロシアの行動に適切に対処することが必要だとの認識を共有し、国際社会と緊密に連携していく方針を改めて確認した。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文682文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集