特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナで被弾の船、1人軽傷 自力航行は可能 愛媛の会社が船主

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ナムラ・クイーン=マリントラフィックから
ナムラ・クイーン=マリントラフィックから

 愛媛県今治市の海運会社は26日、自社所有の貨物船「ナムラ・クイーン」が、ウクライナ南部オデッサ州の港近くで25日に砲撃され損傷したと明らかにした。フィリピン人の男性船員1人が負傷したとの情報が入っているという。

 海運会社側によると、貨物船はパナマ船籍で、船長と船員ら20人が乗っていた。全員がフィリピン人で、うち男性1人が肩にけがをしたが、命に別条はないという。船はトウモロコシを積み込むために寄港する予定…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集