特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

農家のお母さんの味、揚げあられ「また作りたい」 再開へ資金募る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
乾燥中のあられと角田さん=山形県鮭川村で2022年2月21日午前10時33分、長南里香撮影
乾燥中のあられと角田さん=山形県鮭川村で2022年2月21日午前10時33分、長南里香撮影

 「地域をつなぐ揚げあられ作りを絶やさぬように」と、山形県鮭川村の地域おこし協力隊、角田歩さん(43)らが、製造再開に向けて資金を募るクラウドファンディング(CF)を続けている。農家のお母さんが手作りする冬の味として人気だが、コロナ禍で販売イベントの中止が続き、休業に追い込まれた。当初の金額はクリアし、最終目標の40万円に向けて、2月末まで支援を呼び掛けている。【長南里香】

 揚げあられ「あられこ」(210グラム、税別350円)は、鮭川村の農産物加工施設「工房七つの里」(伊藤和雄会長)が、設立当初の2011年から手掛ける看板商品。村内産のもち米を使い、氷点下まで冷え込む乾燥した冷気を利用して作る郷土菓子だ。もち米の風味が強く「ソリソリ」と軽い食感が特徴。伊藤会長は「乾燥具合と揚げ方に秘密がある」と話す。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文604文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集