特集

先週のピックアップ

日曜朝刊「先週のピックアップ」で取り上げた記事をまとめています。

特集一覧

東京でも結婚差別は起きる 「関係ない人」のための部落問題入門

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
齋藤直子大阪市大特任准教授=岸政彦氏撮影
齋藤直子大阪市大特任准教授=岸政彦氏撮影

 「今も部落差別ってあるの?」と不思議に思ったり、「自分の住む地方に被差別部落はない」と信じていたりする人は珍しくないだろう。確かに露骨な差別は減ったが、特に結婚などにまつわる問題は、今も明らかにある。3月で、日本初の全国的な当事者による反差別運動団体、全国水平社の創立から100年。長年、結婚差別の聞き取り調査をしてきた齋藤直子大阪市大特任准教授に聞いた。【聞き手・鈴木英生】 

非出身者と証明しても差別は覆らない

 ――最近の結婚差別の実例を教えてください。

 ◆先日、2年前に聞き取りをした女性が「結婚できることになりました!」というので、改めて話を聞きました。この人は、大阪市内の部落の近くに住んでおり、交際相手の親に部落出身者だと「間違われて」、結婚に反対されていました。彼女は、「私は違う」と証明するのではなく、「差別は不当だ」と主張し続けた末、結婚にこぎ着けました。

 ――「違う」と証明した方が、楽に結婚できたのでは?

 ◆実は、そっちの方が難しいのです。差別はされる側ではなく、する側の「信念」の問題です。証明できようができまいが、いったん「あいつは部落出身だ」と思い込んでしまわれると、なかなか覆せない。

 ――そもそも、被差別部落出身者の定義は?

 ◆…

この記事は有料記事です。

残り3129文字(全文3659文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集