北海道神恵内村長選 現職の高橋昌幸氏が6選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高橋昌幸氏
高橋昌幸氏

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた全国初の文献調査が進む北海道神恵内(かもえない)村で27日、任期満了に伴う村長選が投開票された。現職の高橋昌幸氏(71)=無所属=が元会社社長の新人、瀬尾英幸氏(79)=同=を破り6選を果たした。同時に文献調査が始まった道内の寿都(すっつ)町で2021年10月に行われた町長選に続き、調査を容認する現職首長が、核のごみの受け入れに反対する対抗馬を退けた。得票数は高橋氏が559票、瀬尾氏は48票。投票率は89・24%。

 高橋氏は27日夜、村内の事務所に集まった支持者らと万歳をして当選を喜んだ。記者団に対し「今までと同じく、多くの方の意見を聞き、集約する役割を担いたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文924文字)

あわせて読みたい

ニュース特集