特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

SWIFTからロシア排除、数日以内に 侵攻「プーチンの失敗に」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアの侵攻への抗議デモで、ウクライナへの連帯を示す旗と花を持つ少年=米ロサンゼルスで2022年2月26日、AP
ロシアの侵攻への抗議デモで、ウクライナへの連帯を示す旗と花を持つ少年=米ロサンゼルスで2022年2月26日、AP

 米欧主要6カ国と欧州連合(EU)欧州委員会は26日、ロシアを国際的な金融決済網から排除する新たな経済制裁で合意した。日本も参加する。ロシアの主要金融機関を銀行間国際決済ネットワークである国際銀行間通信協会(SWIFT)から排除する厳しい措置で、今後数日以内に発動する。ロシアがウクライナへの攻撃を強める中、一段と強力な経済制裁でプーチン政権に打撃を与える狙い。

 米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、カナダとEUの行政執行機関にあたる欧州委員会が26日に共同声明を発表。ロシアのウクライナ侵攻を改めて非難し、「ロシアの責任を追及し、この戦争がプーチンにとって戦略的失敗となるよう一丸となって取り組む」として、新たな経済制裁を打ち出した。

 現在、欧米諸国が制裁対象としているロシアの大手銀行が排除の対象になるとみられ、今後必要に応じて制裁対象を追加する。

 岸田文雄首相は27日夜、首相公邸で記者団に対しSWIFTからの排除について「欧米からの参加要請があり日本も加わることにした」と話した。

 SWIFTは…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文1056文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集