がん治療でもおしゃれに仕事に ケア帽子開発の村田里依さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
開発した2種類のケア帽子を前にする村田里依さん=埼玉県狭山市で2022年1月12日、清藤天撮影
開発した2種類のケア帽子を前にする村田里依さん=埼玉県狭山市で2022年1月12日、清藤天撮影

 「がんであっても、気持ちよく働けるように」。埼玉県狭山市の村田里依さん(51)が、がんで闘病生活をしながら、自らの体験を元にビジネスシーンにも合うケア帽子「Tao Caps(タオ・キャップ)」を開発、販売している。その取り組みが評価され、県の「SAITAMA Smile Women ピッチ2021」の優秀賞を受賞した。村田さんに思いを聞いた。【清藤天】

 ――事業を始めるきっかけを教えてください。

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1596文字)

あわせて読みたい

ニュース特集