特集

中学受験

2022年の私立・国立中の受験者数が首都圏で過去最多に。少子化が進む中、受験熱は地方にも広がっています。

特集一覧

学びコンパス

中学受験、残念な結果になったら 逆境を成長する機会に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
花まる学習会代表の高濱正伸さん=花まる学習会提供
花まる学習会代表の高濱正伸さん=花まる学習会提供

 <受験のトビラ juken no tobira>

 中学受験の受験者が年々増加している。第1志望に受からないなど不本意な結果になった場合、現実にどう向き合えばいいのか。「志望校への合格だけでない“幸せな受験”」を掲げ、受験指導に当たる学習塾グループ「花まる学習会」(本部・さいたま市浦和区)の高濱正伸代表に聞いた。【聞き手・椋田佳代】

 <首都圏模試センターによると、今年の私立・国立中の受験者数は首都圏で推定5万1100人に上り、過去最多に。不合格になったときは、どう考えれば良いのか>

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1321文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集