サッカー J1 鹿島イズム、常勝復活への道 岩政コーチ就任、FW鈴木も復帰

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
今季の鹿島の新加入選手ら
今季の鹿島の新加入選手ら

 勝つことにこだわり続けてきた。その「遺伝子」は、まだ途絶えていない。

 鹿島のJ1優勝は2016年が最後。その後の5年間、国内の主要タイトルは手にしておらず、クラブワースト記録だ。並のチームであれば珍しくもないが、Jリーグ屈指の名門にとっては一大事。原点を見つめ直し、「鹿島イズム」の再構築が進んでいる。

 今季、2人の心強い存在が戻ってきた。J1唯一の3連覇を成し遂げた07~09年の主力DF、岩政大樹氏がコーチに就任。25歳のストライカー、鈴木もベルギー1部のシントトロイデンから2年半ぶりに復帰した。鹿島の育成部門で育ち、16年シーズンにJ1と天皇杯全日本選手権の2冠を経験した鈴木は「全タイトルを取るために帰ってきた。鹿島は常にJリーグを引っ張ってきたクラブ。小さい頃から見ていた鹿島は常にどのタイ…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1103文字)

あわせて読みたい

ニュース特集