特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

露中央銀、政策金利20%に引き上げ 最大手銀行の欧州拠点破綻の恐れ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア中央銀行=ゲッティ
ロシア中央銀行=ゲッティ

 ウクライナに侵攻したロシアに対する米欧の経済制裁を受け、ロシア経済に変調が生じている。ロシア中央銀行は28日に開いた理事会で、通貨ルーブルの急落に対応するため、主要政策金利を9・5%から20%に引き上げると決めた。ロシアの最大手銀行ズベルバンクの欧州拠点は、預金流出によって経営破綻する可能性も浮上した。

 経済制裁を受けてルーブルを売ってドルなどに買い替える動きが加速しており、28日の外国為替市場は1ドル=110ルーブル前後と過去最安値を更新。前週末と比べて約3割の下落となった。ロシア中銀は声明で「ロシア経済を取り巻く外部環境が大きく変化している。(利上げは)金融と物価の安定を支え、国民の貯蓄を減価から守るために必要だ」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文582文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集