ランドセル補助になぜ保護者から批判噴出? 「ありがたい」少なく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
学校(写真はイメージ)=ゲッティ
学校(写真はイメージ)=ゲッティ

 埼玉県秩父市が2023~24年度に小学校入学予定の子どもを持つ保護者に行ったアンケート調査で、自由記載欄に記入した約8割が市のランドセルの購入支援策に反発していることが分かった。市議会に提出したアンケートの回答を毎日新聞が分析した。アンケートには三つの選択肢から支援策を一つ選ぶ項目もあり、購入費の補助金交付を求める回答が最多だった。市は対象家庭に補助金を支給する方針だが、保護者からの批判は根強い。【山田研】

 北堀篤市長は21年4月の市長選でランドセルの現物配布を公約に掲げた。22年度入学の児童について「6割以上が予約、購入していた」として一律5万円を現金支給した。23年度入学の児童分は「大人の格差社会を子どもの世界に持ち込みたくない」とし、現物配布に必要な費用を補正予算案に盛り込み、21年12月議会に提案。だが、反対多数で該当部分を削除された。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1179文字)

あわせて読みたい

ニュース特集