連載

東京メトロ裏側探検隊

日々通勤通学で利用する人も多い東京メトロ。鉄道素人の女性写真記者が、動画カメラマンと地下鉄の裏側を探検します。

連載一覧

東京メトロ裏側探検隊

勇者と共にダンジョンを冒険 メトロが手に入れた「最強アイテム」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
千代田線・表参道駅-乃木坂駅間のトンネル内をドローン(中央上)を使って点検する工務区員ら。以前は足場を組まないと目視できなかったトンネル上部も簡単にチェックできるようになった
千代田線・表参道駅-乃木坂駅間のトンネル内をドローン(中央上)を使って点検する工務区員ら。以前は足場を組まないと目視できなかったトンネル上部も簡単にチェックできるようになった

 終電後の東京メトロの暗いトンネルに浮かぶ一つの光。その正体はドローン(小型無人機)だ。第6回のメトロ裏側探検隊の舞台は千代田線・表参道駅。ドローンは地下鉄トンネル内の点検作業でも活躍しているという。難しい場所の点検作業を飛躍的に効率化したといわれるドローンの仕事ぶりに密着した。【北山夏帆】

 深夜0時。「最終列車、まもなく発車しまーす!」。駅員のアナウンスが流れる駅からはきだされる乗客たちを尻目に、表参道駅に到着した私と動画担当の後藤由耶カメラマン。第5回のホームドア設置編と同じように、今回の探検も最終列車が通過した後の駅ホームから始まった。

 やはり終電後のホームに居残るのは、特別な緊張感がある。乗客が構内に残っていないことを駅員が確認し終わると、機材を持った作業着姿の人たちがぞろぞろとホームに下りてきた。

 作業着の集団の中に、小脇に透明のトートバッグを大切そうに抱えて歩く人物がいた。今回の案内人である東京メトロ工務部1級工務係の大沢篤さん(28)だ。バッグから機械のようなものがのぞく。「中身はなんですか?」「これは、トンネルの点検に使うドローンです」。主役の登場である。

暗いダンジョンを進む

 大沢さんらの作業チームは線路上に滑車のついた荷台を下ろすと、その上に手早く巨大な照明器などを取り付けた。しばらくすると、作業員が荷台を押して暗い地下鉄のトンネルの中を進み始めた。私たちもその後ろをついて歩く。なんだか、勇者とダンジョンを進むロールプレーイングゲーム「ドラゴンクエスト」みたいだ。まさに冒険の始まりである。

 「地下鉄のトンネル内を歩いて見学してみたい」。こんな願いを抱いてきた私の胸は高鳴っていた。表参道駅から乃木坂方面に歩き始めると、後方のホームのあかりが次第に小さくなった。

 約100メートル進んだ地点で「勇者の列」はストップ。「これから、過去に漏水のあった場所などを中心に点検していきます」…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1905文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集