自己肯定感が高いほど運動能力が高い 北海道教委調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
学校(写真はイメージ)=ゲッティ
学校(写真はイメージ)=ゲッティ

 自己肯定感が高いほど、運動能力が高い――。北海道教委が24日に発表した小中学生対象の体力調査で、こんな実態が浮かんだ。

 道教委は、小学5年と中学2年を対象に実施された「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(全国体力テスト)で、道内14地域別の結果をまとめた。運動能力を総合評価する体力合計点で、宗谷管内が「中学2年男子」の1位となったほか、檜山管内では「小学5年男子」「同女子」「中学2年女子」が、未実施の昨年を除き6年連続トップとなるなど檜山の突出ぶりが目立った。

 檜山の運動能力が高い要因について、道教委は、きめ細かに実態を把握し、授業改善のサイクルが確立されている▽体育の授業で振り返りの場面を設け、自分の動きの成長を感じて「自己肯定感」が向上するように工夫されている――などとしている。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文725文字)

あわせて読みたい

ニュース特集